久ブロ

自分の興味や、思い出したことを書いています。

ちょっとお休み

大会後、やはり疲れてしまったのと、怪我(特に首)も多く、柔術はお休みしています。現在はニューヨークに居ますが、10月中旬にはヒューストンに戻る予定。そうそう、11月にヒューストンで大会あるんだよな〜。どうしようかなぁ。

 

先月ヒューストンに居る際、私の憧れの車であるDodge Challengerに乗ったわけですが、何しろとても良かった。私はスポーツカーに乗っていても、スピードは出さないので違う意味で煽られるのですが、乗り心地は思ってた以上に最高。かなり大きい車なのですが、小回りが利くというか、グリップ力というか、なんか道路に吸い付く感じの走りをするのです。駐車する時は「やっぱり大きいな・・」と感じますが、走っている時はとてもスムースで優しい車でした。

Challengerの問題点は、スタイルがちょっと若者向けであること。ある意味ちょっと「ワル」のイメージがある。レースサーキットで走るなら話は別だが、私のような年配ドライバーには、「これってどうなのよ?」というイメージ感がある車ではあるのです。

あと、何しろ燃費が悪い。とっても、時代に逆行している車です。

・・・ということでChallengerの比較として、FordのMustangもレンタカーしてみたのですよ。

Mustangはですね、まずChallengerより小さい。Challengerはスポーツカーですが、トランクがでかいし、実は、余裕で4人乗りできるサイズがある。対して、Mustangのバックシートはかなり狭い。小柄な人でも長時間後ろに乗るのは厳しいと思う。

あと、Mustangは慣れるまで運転が難しい車でした。とても走りが硬い感じがあって、Challengerのような優しい車ではなく、暴れ馬みたいな感覚で乗っていたので緊張しまくりの運転。

正直、Mustangは、はじめChallengerよりも良いポイントを見つけるのが難しかったw。一つ挙げるとしたら燃費が良いことくらい。それ以外は、全てにおいて「Challengerの方が上!!」と思い、レンタカーしたことを後悔していたくらいでした。

それがですね〜。このMustang君はですね。日が経つにつれ、「あれ??この車、無茶苦茶乗りやすいかも」って感じに変わってくるのです。グイグイ、アピールしてくるのです。

”お前のことは認めたくないのだよ”と思いながら乗っているのですが、そこに笑顔で運転している自分がいる。こんな印象が変わる車あんのか・・・、と思うくらいでした。ChallengerよりもMustangの方が車内のテクノロジーが使いやすく、そのおかげで、わりと安全運転できるしね。あと、Mustangの方がスタイル的に年配ドライバーに向いている。

ヒューストンは車必須なのですが、私乗りたい車について結構ピッキーでして。。今のところ、Dodge Challengerと、Golf R、あと、今回このMustangが候補になったかなー。Jeep Wranglerはもういいかな、と思っています。自分の周りで乗っている人も多いし。人と同じは嫌だし(笑。なので、それ以外の車は、今のところ、まったく興味なしな感じです。

次ヒューストン行く時、車探ししよ。結構楽しみなのです。